<   2006年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 30日

Riverscape ~京都・パリ・ボストン・ニューヨーク・・・川のある風景~

何故かその都市に川のある景色が好きです。京都は、パリ、ボストンと姉妹都市を提携してるが、やはりこれらの都市は雰囲気が似通っている。共通点として各々の都市には、比較的小さく穏やかな川が街の中心に流れている。京都には、鴨川が、パリにはセーヌ川が、そして、ボストンにはチャールズ川が流れ、傍らからその街並みを見守っている。各々、京都の人間にとっては大変住み易く心地よい落ち着いた場所で何度も訪れたり住んだりしている。街並みもコンパクトで洗練されていて、歩いていて楽しい。・・・それでは、私が長年住んでいたニューヨークは何故好きなのか?それは、街並みが京都と同じように「碁盤の目」になっていてコンパクトで、緑も多いし、大変個人のプライバシーに配慮する街である。かと言って、住んでいて不親切だとも感じられない。むしろ、人々は親切である。何か、人を予想できない感覚が京都に似ているなぁ。自分にとって、人間と人間との隙間に心地よい距離を保ってくれる最高の都市。それに、好きな川の風景も、イーストリバーから昇る朝日とハドソンリバーに沈む夕陽がある。やはり、自分に馴染んでいて、大変良いです。今日は少し、徒然に思っている事を書いてみた。
[PR]

by healingman | 2006-12-30 17:16 | Chat About
2006年 12月 29日

Patisserie Au Grenier D'or

京都は和菓子も有名ですが、結構自分は洋菓子派です。京都の美味しいsweetsをニューヨークのそれと比較しています。そんな自分が京都でオープン以来のお気に入りの店。ここのスゥイーツは「おもたせ」でも重宝します。かなり効いてます・・・。

f0116857_16244767.jpg


Patisserie Au Grenier D'or
京都市中京区堺町通錦小路上ル527-1
075-213-7782
[PR]

by healingman | 2006-12-29 16:27 | Cafe/Sweets
2006年 12月 28日

Snowy and Windy Day in KYOTO ~師走の京都散歩~

今年初めて京都にみぞれ混じりの雪が降りました。久しぶりに気分転換も兼ねて散歩してきました。京都に住んでいると、逆にあまり街を歩かないんですよね~(笑)。河原町御池から三条を通り、寺町、四条、麩屋町、富小路、堺町、東洞院、そして、錦小路から烏丸へ。錦市場は買い物客でかなり混んでいて、それを横目に師走の京都をブラブラしてきました。その途中、ふと街角のad paperに目をやると、2008年サミット開催を目指すこんなphraseが・・・。「日本に京都があってよかった。」 これも悪くないが、個人的には、「日本には京都がある。」、こんなphraseがシンプルで良い。あと、今年も残すところ3日です。さあ、次は何処へ行こうかなぁ~。
[PR]

by healingman | 2006-12-28 18:55 | Kyoto
2006年 12月 26日

RED EYE ~パニックフライト~

少し以前に観た映画に「RED EYE」(日本語サブタイトル 「パニックフライト」)がある。この映画は日本で公開されなかった作品で、タイトルを英俗訳すると"飛行機の最終便"という意味がある。そのタイトルに興味を惹かれて、期待値をあまり高く設定しないで観たが、これが自分の中ではかなりヒットでした。このタイトルとストーリー概略を聞いた瞬間、ついこの前日本で公開された「フライトプラン」を思い出した。どちらも飛行機内という密室で展開されるストーリーで、機内に同乗している犯人に主人公が脅されて、主人公が必死でその解決策を探り、果てにはその犯人と対決して・・・というようなもの。「フライトプラン」は、JodieFosterが主演していることも重なって自分の中では映画を観る前の期待値が高かったが、それを見事に裏切ってくれました・・・(笑)。何か途中で気が冷めてしまいました。しかし、「RED EYE」は全体で77分という短さとストーリー展開のスピーディーさで、結構ハラハラさせてくれました。主人公を演じているRachel McAdamsも素人っぽくて逆にこの設定には味を出していて良い感じです。そして、何と言っても、犯人を演じていたCillian Murphyが最高でした。ところで彼は、「麦の穂をゆらす風」で独立戦争を戦うアイルランド人の主人公デミアンを演じていた人です。そう、2006年カンヌ映画祭パルムドールを受賞したあの作品です。「RED EYE」では、冷徹で執拗な犯人役を好演しています。そんな彼を際立たせているのは、その奥に何ともいえない力強さがある彼の瞳の鋭さです。何となく、巨匠ケン・ローチがオーディションで彼を主人公に抜擢したのが理解できるような気がします。

f0116857_1918821.jpg
[PR]

by healingman | 2006-12-26 19:18 | Movie
2006年 12月 24日

HAPPY MERRY CHRISTMAS TO ALL OF YOU !

Happy Merry Christmas to all of you !
[PR]

by healingman | 2006-12-24 12:30 | Chat About
2006年 12月 22日

Beatrice Inn @ NewYork

最近また一つ楽しみなclub/loungeがニューヨークのウエストヴィレッジにオープンした。その名前は、Beatrice Inn、オープンさせたPaul Sevignyのセンスが光る1950年代のインテリアになっているらしい。オープンして間もないのに、もう噂が広がり大盛況のようで、少し気になっている。ニューヨークのclub/loungeでは珍しく喫煙OKらしい。なんか、噂を耳にするところによるとその雰囲気はLe Paris Paris@Parisに似ているっぽいなぁ・・・。今度、是非、訪れたい。

Beatrice Inn
285 West 12th Street
[PR]

by healingman | 2006-12-22 23:50 | NewYork
2006年 12月 19日

THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY ~麦の穂をゆらす風~

2006年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品、「麦の穂を揺らす風」を観ました。映画の舞台は、1920年代、英国統治下のアイルランド、映画のタイトルは、英国支配への抵抗のシンボルとしてアイルランドに伝わる歌のタイトルからきているという。社会派の名匠、ケン・ローチ監督の作品だが、その歌の歌詞の中で、「外国の鎖に縛られることは・・・つらい屈辱」という一節がこの映画の全てを物語っている。独立戦争を共に戦ってきた仲間が、明日には、互いに敵同士になり内戦に発展する運命の残酷さを感じました。アイルランドを象徴するカラーでもある「緑色」が、この映画を通してこんなにも悲しく寂しい色として目に焼きつくとは・・・。観ている者の心の中では、残酷にもこの「緑色」が薄暗く変化を遂げました・・・。この映画には、世界のどこかで繰り返される悲劇と現在まで普通に生活してきた人々の悲しいまでの痛みが痛々しく共存している。

f0116857_1931740.jpgf0116857_19315122.jpg
[PR]

by healingman | 2006-12-19 19:35 | Movie
2006年 12月 17日

ANGEL CITY ~BANGKOK~

サムイ島に行った帰り、数日間、"天使の都"と言われているバンコクに滞在した。宿泊はMetropolitan Bangkokです。ココは、かなりのお気に入りです。夜は、METBARで一杯。

f0116857_1834135.jpg
[PR]

by healingman | 2006-12-17 23:55 | Travel
2006年 12月 16日

SOBA & UDON Cuisine

皆さん、突然ですが、蕎麦、うどんは好きですか?私はその季節、場所を問わず、麺類が大好きな人間です。特にこれからの寒い季節は、温かい麺類が美味しくて、ついつい、天ぷら蕎麦、にしん蕎麦、鍋焼きうどん、釜揚げうどん等を前にすると、箸の動くスピードが早くなってしまいます。訪れた先々で口にする機会があるのですが、そんな中でも美味しい絶品に舌を打てる、そんな私のおススメのお店を幾つかご紹介します。

① 宇一郎 @ KYOTO

京都市中京区押小路通麩屋町東入ル橘町616

② おめん @ KYOTO

京都市左京区浄土寺石橋74

③ 本村庵 @ NEWYORK

170 Mercer Street

④ OMEN @ NEWYORK

113 Thompson Street

⑤ 円 @ PARIS

22 rue Saint Benoit

⑥ 国虎屋 @ PARIS

39 rue Ste-Anne

また、機会があれば是非訪れてみて下さい。
[PR]

by healingman | 2006-12-16 20:39 | Restaurant
2006年 12月 15日

Christmas Decoration in New York

12月も中頃にさしかかり、クリスマスが目前に近づくにつれて、街中の飾り付けも一層熱気を帯びてきました。NY街中も、かの有名なRockfeller Centerのクリスマスツリーに始まり、5th AvenueにあるデパートSacksFifthAvenueの壁面のオーナメント、Caltierのレッドリボン、そして、Tiffanyのクリスマスイルミネーションと目白押しです。しかし、私の最近のお気に入りの場所は、ColumbusCircleにあるTimeWarnerCenterです。"Under the Star"と名付けられている星型のイルミネーションは本当に素晴らしい。ちなみにモールの中には、WholeFoods、Bakery、そして、BordersBookstore等が入っていて、ゆっくりとした時間が過ごせるので、私は何気なくついつい頻繁に足を運んでしまいます。・・・・・・・・・話は戻って、これらニューヨークの素晴らしいクリスマスイルミネーションの数々は、ロングアイランドに拠点を置くHolidayImageInc.が手がけているそうです。何とニューヨークのイルミネーションの70%をこの会社が担当しているというから驚きです。主な準備期間の11月には、社員は眠れない日々が続くそうです。本当に並々ならぬ努力と熱意に感謝して、この素晴らしいイルミネーションを堪能したいと思います。
[PR]

by healingman | 2006-12-15 20:57 | NewYork